デザイナーズBLOG

全ての記事を表示

《初心者向》独学でIllustratorを使いたい人に、現役デザイナーがオススメする最強お役立ち本3選

2018.03.15(更新日:2021.08.31)

▶︎記事一覧へ

悩み

Illustratorを独学で勉強してみたいけど、どんな本を選んで良いかわからない!初心者におすすめな本て、どんな本なの??

といった悩みにお答えします。

 

ちなみに、初心者〜中級者向けに目的別のIllustrator本の選び方について、記事を更新しました。気になる方は、下記の記事も合わせてご覧ください。

 

『本を買って、独学で頑張ったけど、結局わからなかった』

今まで、何百人も教えてきて、こうゆう人たちがとっても多かったです。

 

なぜ、そうなってしまうのか?

そこには、大きな勘違いがあるからだと思います。
イラストレーターはプロの使用するソフトで、WordやExcelのように、最初のハードルが低く、使用していくうちに徐々にわかってくるようなソフトウェアではないということ。

最初がわからないと、その先も迷宮入りです。

なんとなく使えてても、自分で意図していないものが出てきてしまったりと、制作よりも操作に時間を取られてしまうことが大半です。

数学が苦手な人って多いですよね。『小学生の算数は出来てたのに、いつからわからなくなったのかが、わからない。』という人、多いんじゃないでしょうか。

それは、どこかにわからなくなるタイミングがあり、そこから先はどんどん底なし沼にハマっていき、大どんでん返しはないということ。

溺れる

つまり、最初から分厚い本を買って、先が見えなくなるよりも、自分のレベルにあった本で土台を固めてから、色々な操作を覚えていってほしいです。一度、操作方法や構造を理解すれば、そこからは自転車の操作のように快適に進めることができると思います。

 

Illustrator教本3選

仕事柄、今まで数多くの教本やデザイン本を見てきましたが、その中で私がおすすめしたいIllustrator本を3冊に厳選しました。

デザインの学校 これからはじめるIllustratorの本

Illustratorを初めて、使う方に本当におすすめの一冊です。カラー印刷で、操作画面の画像も多いため、わかりやすさは星5つです。

少し操作したことがある方には、簡単すぎたりするように感じるかもしれませんが、この本はイラレの構造や仕組み、またデータ形式などについても掲載してます。なので、この一冊を端から端まで読めば、結構専門的な知識も身につきます。

難しい本を無理に進めていくよりも、この本を完璧にした方が、操作クオリティや知識レベルは上がると思います。

また、この本にはPhotoshopやPhotoshop&Illustratorなど、組み合わせた本もシリーズで出ているので、こちらもオススメです。

 

やさしいレッスンで学ぶ きちんと身につくIllustratorの教本

なんとなく少しイラレを使ったことがあるけど、わからないことも沢山!という人にオススメ。

どんな場面で、どの機能を利用するのかなども解説してくれています。初心者向けではあるけど、細かい部分もちゃんと解説してくれている本なので、Illustratorを本格的に知りたい人にも、最初の一冊としてちょうど良いでしょう。

 

Illustrator 10年使える逆引き手帖

これは、今から始める初心者ではなく、少し慣れてきた人向けの本。
初心者だとまだ、「わからないがわからない」と思うので、自分で、『何をどうしたくて、どれが知りたい』ということが明確にわかる方にオススメな本です。

辞書のように、知りたいことを引くと、その操作方法が書いてあるので、すでにある程度のレベルにいて、わからない部分で行き詰まっている方には良い使い方ができると思います。

 

 

最後に

以上、私がお薦めするイラレ本3選でしたが、いかがでしたか?本は、合う合わないももちろんあると思うので、大きい本屋さんにいって、実際に見てみるのも良いかもしれません。ネットなど、実際に中身が見れなかったり、時間のない方は、ぜひ参考にしてみてください♪