デザイナーズBLOG

全ての記事を表示

時間がないワーママ必見!目標達成のための3つのコツ+努力には意味がある(断言)

2021.04.24(更新日:2021.10.09)

▶︎記事一覧へ

仕事復帰したし、子育てに家事、毎日時間が全然ない!!

でも、将来の目標はあるし、やりたいことだって沢山。。。

こんな毎日で、どうやって目標達成に近づけば良いんだろう。

 

といった悩みに答えます。

 

本記事の内容

  • 目標達成のための3つのコツ
  • 努力した分だけ、意味がある理由

 

最近、息子が2歳になりました。ますます、ヤンチャになり、体力がつき、、、

自分のやりたいことができる時間なんて、本当にごく僅か。

そんな中でも、会社経営を学びながら、新しい仕事をバンバンやっています。

それと同時に、こうやって子育て中のワーママに向けてブログを書いてみたりもしています。

 

子供を産んでから、特に『よくそんな時間あるね!?』とか『寝てないの?』とか

言われることが多いですが、私は睡眠時間を削れないタイプなので、

夜、日付が変わるまでにはしっかり寝ています。

じゃあ、どうやって自分のやりたいことしているのか、コツをまとめてみました。

 

ちなみに、忙しい毎日の時間の作り方は、下記の記事でまとめています。

 

目標達成するための3つのコツ

【コツ1】1日1分でもいいから継続する。

【コツ2】作った時間を有効に活用する あらかじめ計画を立てておく

【コツ3】できないものはできないと割り切る 完璧主義脱却

 

【コツ1】1日1分でもいいから継続する。

マラソン

子育てしていると、どうしても難しい日もあると思います。

そんな時は1分でも構わないので、勉強時間を作りましょう。

 

何を言いたいかと言うと、要は『毎日継続してほしい』ということです。

「1分じゃ何も頭に入らない」と思う方もいると思いますが、大切なのは継続です。

この1分を続けることで、モチベーションを保ちます。

 

一度、途切れてしまうと、再開に時間がかかることがあります。

マラソンで一度立ち止まって座ってしまうと、立ち上がるのが億劫になるのと一緒です。

ゆっくりでも、進み続けてください。

 

毎日継続するには、日々のルーティンに組み込んでしまうのがオススメです。

例えば、

・子供が寝た後30分は必ず勉強の時間に充てる。

・出勤時間は本を読む。

・朝、10分だけ起きる時間を早くして、学習時間に充てる。

・ご飯が炊けるまでの時間は、パソコン操作をする。

・家事代行やベビーシッターにお願いしている時間は、別の部屋で集中する。

・自分の親などに頼める場合は、毎週月曜日の夕方2時間は子供の面倒をお願いする。

などが考えられます。

 

わずかな時間でも『この時間は勉強!』と決めて、日々の生活の一部に組み込んでみましょう。

 

継続するためのコツについて、下記の記事でも書いています。ご参考までに。

 

 

【コツ2】作った時間を有効に活用する あらかじめ計画を立てておく

スケジュール管理

勉強時間を作っても、「何を勉強しよう?」から考えるのは、時間をロスしてしまいます。

せっかく捻出した貴重な勉強時間は、最大限に有効活用してください。

 

勉強時間を1時間取れる日があるとしたら、前日までにここで何を勉強するか計画を立てておきます。

勉強の計画は、自分の頭の中でもできるので、料理中でも掃除中でも、トイレに行っている時もできるはずです。

 

また、これは具体的であればある程、効果的です。例えば、

  • Illustratorの学習動画(30分)を1本みて、後半の30分は実際に手を動かして、同じものを制作してみよう。
  • あのPhotoshopの本の写真加工の項目を読んで、次回加工する写真を選ぶところまで終わらせよう。

といった具合です。

 

この時に注意したいのが、自分で時間が調整できるものを選ぶことです。

動画でも1本が長いものだと、動画の途中で何かに遮られた時、戻りにくくなってしまいます。

また、ライブ動画なども子育て中はあまり相性がよくないかもしれません。決まった時間に流れるものではなく、自分で決められるものを選ぶ方が賢い選択です。

在宅で学ぶために有効なツールについては、下記のブログで紹介しています。

 

学習スケジュールは詰め込みすぎなくても良いですし、これが達成できなくても構いません。

タスクの目標を掲げることで、時間を有効活用できます。

また、実際にかかる時間と自分の思っている時間の誤差も把握できるようになるため、

今後勉強時間の予測に役立てることができ、仕事を個人で請け負う時にも、時間の計算がスムーズになります。

 

【コツ3】できないものはできないと割り切る 完璧主義脱却

主夫

私も昔はそうでしたが、完璧主義は何かを進めていく上で、かなり邪魔になる思考です。

もちろん、何かにコミットすることは大切ですが、自分のやり方で最初から最後まで細かくこだわって進めていくと、いくつもの壁にぶつかり、進まなくなってしまいます。できる限り、前に進んでいくことを考え、少し妥協しながら進めることがオススメです。前にさえ進めば、不完全なところはいつでも戻ってやり直せますが、立ち止まってしまっては、未来は見えません。

これは、勉強だけでなく、家事育児も同じです。人や機械に任せると決めたのであれば、多少の不完全さがあっても目をつぶって、任せましょう。

相手が人の場合は特に、指摘ばかりしていると、任せられた人もそして自分も、かえって疲れてしまいます。

 

他人は他人なので、自分のやり方と全く同じにはできません。逆に、その人の優れた点もあります。なるべく、いいところに目を向けて、お願いしましょう。

 

断言します:無駄な努力は絶対にありません。

未来

言い訳を並べるのは簡単です。でも、それでは何も未来が変わらないのも皆さんご存知のはずです。

逆に言えば、今頑張って何かを変えようと努力すれば、未来は少しずつでも必ず変わっていきます。

やると決めたなら、強い心を持って進んでください。

 

失敗したり、目標達成できなくても、それはそれで学ぶことが多いはずです。

失敗したからこそ、別の道を探すこともできます。

 

取り組みの途中で、やっぱりやめよう。という決断でも、私は良いと思います。

「やめよう」という決断も、やってみないと分からない。だから、まず走り出すことをオススメします。

どんな方向に行くにせよ、行動すれば必ず未来は変わります。

 

未来を変えようと、この記事を読んでくださっているあなたを心から応援しています!