デザイナーズBLOG

全ての記事を表示

《在宅デザイナーを目指すママ向け》学び方別!家事育児の合間に自宅で学べる方法【最速でプロになる道】

2021.03.22(更新日:2021.10.12)

▶︎記事一覧へ

悩み

在宅で、家事育児の合間に稼げたら最高!デザイナーとして、好きなことを仕事にしたい。だけど、何から学べばいいの?どうやって勉強するのが最短??

といった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 自宅でデザインを学ぶための学習3パターン《メリット&デメリット》
  • それぞれの学習パターンに合ったお助けツール10選
  • プロになるための一番の近道

 

現在、1歳の息子を育てながら、ほぼ在宅で仕事をしています。

ちなみに、息子との時間を大切にしたいので、保育園に預けるのは週2日。

はみ出てしまった仕事は、息子が寝た後にやりますが、

夜に仕事するのは好きじゃないので、週2の仕事時間は必死です。笑

 

ちなみに、私は4大(経済学部)を卒業した後、1年間は

週3日はIllustrator、Photoshopなどのデザインに必須なソフトの使い方を学び、

他の時間は、生活費と学習費を稼ぐため、朝から夜中まで仕事をしていました。

手っ取り早く学びたかったので、この1年間が勝負と決めて、

必死に学び、自己制作もたくさんしました。

 

そして、デザインについてはほとんど知識のない状態で、

小さな広告制作会社で実践を積み、独立しました。

 

当時、子育てこそなかったものの、なかなかハードな生活でしたが、

その苦労報われ、今では週2の在宅ワークで、

同い年のサラリーマンの平均年収ぐらいはある状態です。

 

自宅でデザインを学ぶための学習3パターン

このご時世、ありがたいことに自宅で学べる方法はたくさんあります。

その中で、学習タイプは大きく3つのタイプにわけれます。

自分の生活スタイルや性格に合わせて選んでいきましょう。

 

ちなみに、今回はあくまで『デザインの学習』に焦点を当てたツールを紹介しています。

Illustratorの学習に関するおすすめ本は下記にまとめていますので、参考にしてください。

Photoshop版も今度記事にまとめます。

では、3つの学習パターンをご紹介していきます。

1.オンライン学習

オンラインスクールに入って、学習する方法。

PCやスマホを使って、自宅で専門講師の授業を受けることができる。

◎メリット

  • モチベーションが保てる。
  • 学習内容・スケジュールが決まっている。

◉デメリット

  • 他の学習方法に比べて、費用が高い。
  • 融通を効かせにくい。
  • 興味のない分野も学習する必要がある。

2.完全独学

全て自分だけで学ぶ方法。一方通行の学習方法。

◎メリット

  • 自分で時間を調整しやすい。
  • 学習にお金がかからない。

◉デメリット

  • 分からないことがあった時に、人に聞けない。
  • モチベーションを保つのが難しい。
  • 学習に時間がかかることが多い。

3.半独学

基本的には独学での学習だが、

分からない部分や詳しく知りたい分野は専門の講師に聞く方法。

◎メリット

  • オンライン学習に比べると費用も抑えられ、時間も調整しやすい。
  • 効率的に学ぶことができる。
  • 自分のやりたいことが明確だと、より効果が得られやすい。

◉デメリット

  • 学習ペースや学習すべき分野が分からなくなることがある。

このように学習パターンは大きく分けて、3つです。では、次にそれぞれの学習ツールやパターンをご紹介していきます。

 

それぞれの学習パターンに合ったお助けツール10選

1.オンライン学習向けの学習ツール

オンライン学習

オンライン学習は、費用は少しかかってしまいますが、初期投資と割り切れば、もっとも確実に学んでいける方法です。

逆に、費用がかかってるからこそ、コミットしなければならないという丁度いいプレッシャーにもなるかもしれません。笑

スケジュールについても、子育てにおける突然の予定変更こそ、対応が難しくなるものの、

基本的には自分の予定や都合に合わせて予定を組めることがほとんどです。

 

デジハリ・オンラインスクール

比較的良心的な価格のプランもあり。

入会すると、Adobe製品を学生価格で使用できるのも魅力の一つです。

 

テックキャンプ デザイナー転職

WEBデザイナーを目指す人におすすめするスクール。

オンラインでも、通学でもコース受講が可能で、

学習期間中は質問し放題というのも、便利な制度です。

他と比べると少し高額ですが、Webデザイナー転職へのキャリア支援までおこなってくれるのも魅力。本気でデザイナーになりたい人向けです。

2.完全独学向けの学習ツール

自分との戦い

独学は自分との戦いです。どれだけモチベーションを保てるかが鍵になってきます。この学習方法は、意志の強い人向けです。

 

おすすめ本4選

MDNが出している本で、デザイン本の中ではかなりロングヒットしている商品です。

Amazonでベストセラーです。

デザイン初心者の人は、まず最初の一冊に。デザインの全貌が書かれていて、どういったところに注目すべきか、注意すべきかが書かれています。

 

デザインをする上で、基本の一つになるのが『構図』。
写真を撮る方は聞いたことがあるかもしれませんが、簡単にいうと、
”決められた画角の中で、何をどこに配置するか”ということです。
この本では、本物の広告をお手本に、それぞれの配置を分かりやすく記載してくれています。
デザインは、いざ始めようというときに、何をしていいか分からないものなどで、
これを元に構図を真似しながら進めていくのも良いかと思います。
 
 

こちらも構図・レイアウト中心の本ですが、比較表現などがあり、
とても分かりやすいので、おすすめです。
ちなみに、2019年10月に出版されていて、比較的新しいのも魅力の一つ。
雄ねじシリーズで、配色やフォントの本も出ているので、一緒に買ってみても良いかも。

 

こちらは最新版のものですが、
デザイナーになりたての頃から暫くは、この本の先代に非常にお世話になりました。
キャッチコピーのいれ方一つで、印象がかなり変わるので、色々試しながら、
しっくりくるものを使用したりしていました。
実践で役立つ、かなり重宝できる一冊だと思います。
 

動画学習

Youtube十分という方も多いと思いますが、なかなかYouTubeは完全初心者よりも、

分からないことが明確な人がピンポイントで見るのに向いています。

そうでないと、断片的にいろんなものを学習していくことになるので、

何も分からないところから始めると迷子になりがちです。

ストアカは有料ですが、自分で好きな時間・分野の講座を選んで、オンラインで受講できます。

また、経験豊富な講師が順序立てて丁寧に教えてくれるので、初心者におすすめです。

デザインだけでなく、IllustratorやPhotoshopの使い方解説の講座もあるので、

自分に合うか合わないか、一度受講してみるのも良いと思います。



 

3.半独学向け学習ツール

スケジュール

半独学では、スケジュール管理が重要になってくると思います。逆に、ここさえクリアできていれば、もっとも着実に、そして安く学習を進められる方法です。

本については、完全独学でおすすめした4冊と変わりありません。

Monsters Academy〔モンスターズアカデミー〕

ブルームーンデザインでも、スポットレッスンの受講が可能です。

スポットレッスンというのは、コースではなく、

自分の聞きたいことを聞きたいときに 聞きたい分だけ受講できる制度です。

もちろん入会金もいただいていません。

独学を応援するために運営しているスクールで、

一方通行の独学でぶち当たる壁=”分からないところが誰にも聞けない”という状況を解決できるレッスンです。

受講してみたい方は、Contactから受講したい内容(簡単で結構です)と希望日時(第3希望まで)をご連絡ください。

担当講師より返信させていただきます。

(※現在サイトリニューアル中につき、受講プランについては、それぞれの生徒様にあった形で講師から提案させていただきます。)

 

TechAcademy [テックアカデミー]

ここのスクールは、少し変わっていて、入会した一人一人に、メンターといわれる現役エンジニアの講師がついて、

勉強の進行やスケジュールまで、一緒に管理してくれます。

ジムのパーソナルトレーニングのような感じで、勉強のサポートだけでなく、

モチベーションも保てるのがいいところです。半独学の方に非常にオススメ。

学習期間で料金も変わってくるので、自分のペースに合わせてコースが選べます。

 

 

最終的に、結局は実践学習が一番。

経験

ソフトの使用方法やデザインについて、なんとなくわかってきたら、私が一番おすすめしたいのは、この実践学習です。

言い切りますが、デザインは実践と経験が全てです。

いくら勉強しても、実践経験がない人には、仕事がきません。

 

「じゃあ、一回就職しなきゃダメなの?」

答えは、いいえです。

本当にいい時代になったもので、チャンスは全ての人にあるのが、現代です。

クラウドワークス ココナラといった、登録制のプラットフォームもあります。

直に依頼されるよりも単価が安くなってしまうケースも多いですが、

最初は何よりも経験を買うことです。

デザイナーやエンジニアは、経験がものをいう。

最初から選り好みはできません。

勉強のうちだと思って、手当たり次第やる!が正解だと思います。

 

私がオススメなのはココナラ

最近テレビCMでもよく見かけるようになりました。

『スキルを商品として出品できる』という、メルカリのスキル版のような分かりやすい制度です。

仕事として請け負うという責任感もわくと思います。

ある程度スキルが身についてきたら、小さい案件でも一度実践で仕事をしてみることをおすすめします。