デザイナーズBLOG

全ての記事を表示

【フリーランス&独立ママ向け】出産育児の期間、仕事はどう乗り越える?《結論:1人では無理》

2021.08.20(更新日:2021.08.21)

▶︎記事一覧へ

自分1人で事業を行なっている場合は特に、出産育児は女性にとって、かなり大きな壁になります。

 

世の中は〝イクメン〟や〝主夫〟が増えて、男性の育休制度も充実してきています。でも、出産は生物である以上、どうしても女性にしかできない仕事です。

私は1人目を出産した時に、これを目の当たりにしました。当たり前かもしれませんが、今まで生きてきて、ここまで男女の違いを感じた事はなかったです。

 

私自身、第一子出産前には、断ったら仕事が減るんじゃないか。クライアントが離れていくんじゃないか。という不安を抱えていました。今回はそんな女性に向けて、筆を進めます。

 

この記事はこんな人にオススメ

  • フリーランスもしくは独立して事業をしている主婦
  • 仕事をしながら、出産育児を頑張ろうとしているママ
  • これから出産を控えて、仕事と両立できるか不安に思っている女性

 

 

妊娠出産だけでも大業です

仕事をバリバリこなしながら生きてきている女性は、仕事が思うようにできなくなることに、何となくもどかしかったり、生産性がない行為のように思ってしまう方もいます。

 

でも、私が最も主張したいのは、子供を産むだけでも奇跡だということです。女性だけができる素晴らしい仕事です。妊娠の10ヶ月も、お腹で子供を育てているだけでも立派なんです。

 

つまり、今回の記事は「出産育児の間、仕事をどうやってこなすか」ではなく、「育児を楽しみながら、同時に仕事をどう進めるのか」という話です。

 

 

出産育児はかなり重労働。1人では乗り越えられない

結論から言えば、1人で出産育児をしながら、仕事を進めるのは無理です!

 

色んなものを頼りながら、育児も仕事も楽しく行ってほしいと思います。

「そんなこと、可能なの?」と思うかもしれませんが、現に2歳の息子がいる私は、産休育休は一切とらずに、育児も仕事も思う存分やってきています。

 

もちろん、1人ではそんなことできません。1人で全てをやっていたら、ノイローゼになるし、体も持たないと思います。仕事はともかく、育児はなかなか代わりもきかないし、それぐらい大変な仕事だと思っています。

 

だからこそ、 最初から1人で乗り越えようとしないことが正解です。

 

家事は、頼れるだけ頼る

つまり、人に頼ることが必要だということです。私は、人も家電も頼れるものは頼りまくって生きています。

 

「旦那も忙しいし、近くに身内がいなくて、簡単に頼めない。」という方もいると思いますが、頼るのはなにも身内じゃなくても良いんです。むしろ、人じゃなくてもいい。今は働くママも増えて、色々なサービスが存在します。

 

代表的なのでオススメなサービスは、家事代行と家電レンタルです。

 

家事代行

小さい赤ちゃんがいると、洗濯物がめちゃくちゃ増えるし、家の汚れも気になります。食事を作るだけでも、日々かなりの時間をとられていると思います。

食事は、お弁当やデリバリーに頼るのもありだけど、栄養が偏ると体の回復も遅かったり、母乳の出が悪くなったりします。

 

家事代行サービスを使うと、掃除洗濯はもちろん、ご飯を作り置いてくれたり、離乳食を頼める場合も多いです。

 

1度試してみて、気に入ったら、週に1〜2度お願いする。というのも良いでしょう。これだけでも、意外とストレスなく、心に余裕を持って育児や仕事ができたりします。

 

家事代行サービスで、オススメなところです。

ちなみに、ベビーシッターに頼むという手もありますが、私は育児もしたい派なので、家事代行派です。

 

家電レンタル

家に他人が入るのが苦手だったり、人に家事を頼むことに抵抗がある方は、家電が使えます。共働きの多い今の世の中には、便利なグッズが溢れています。

 

とはいえ、色々ありすぎて何が良いのかわからなかったり、高額な家電の購入を失敗したくなかったりで、なかなか購入に踏み出せない人も多いと思います。

 

家電のレンタルは、家事お助けグッズで高額な家電でも、レンタルして試せるところが良いです。気に入ったものや本当に自分が使いやすそうなものも試しながら選べます。割と有名で使いやすいレンタル会社を記載しておきます。

 

下記の記事でも、人への任せ方や自分の時間の作り方なども紹介しています。オススメな使える家電も紹介しているので、気になる方はご一読くださいね。

 

仕事も同じように人に任せるべき

仕事にも同じことが言えます。人に任せることが事業拡大に繋がり、その後の繁栄に関わるのです。そうしないと時間も生み出せません。

 

ちなみに、私は独立してから今まで、手一杯で仕事を断ったことは一度もないです。では、どうしてきたかというと、自分の信頼できるデザイナーやアシスタントに頼める仕事は頼んできました。

 

デザインの仕事だけではなく、税理士やコーダーなど、自分の専門外の仕事は大体その道のプロに頼るようにしています。

なぜなら、 その方が圧倒的に効率的だからです。

 

個人で事業をしている人は、自分1人で全てをやろうとする人が多い印象です。もちろん、勉強のためにもそういった試みは大切ですが、ある程度概要を把握できてからは、専門としている人にお願いする事がオススメです。

 

その間に自分の得意分野を伸ばしたり、事業拡大について考える方が、よっぽど未来が明るいです。

人に任せることの重要性は、下記の記事でも書いています。

 

大変な時に、頼れる人を見つけておこう

 妊娠・出産・育児も、事業拡大も、個人で仕事をしているママにとっては特に、頼れる人や自分のできない範囲の専門職の人など、見つけておく事が大切です。

実際にお願いするかは別としても、候補がいないといざという時に、仕事を断るか、自分が睡眠時間などを削って無理をする以外なくなります。

 

ちなみに、クラウドワークス ココナラ はフリーで登録している人も多いので、割と安価で仕事をお願いできるシステムです。私みたいなデザイン業でなくても、幅広く仕事を発注できます。

 

とはいえ、信頼できるかは個人により、その辺のリスクもあるので、ある程度自分に余裕がある時に、試しにお願いして、仕事で信用できる人を探しておくのも手でしょう。

 

最後に

本来なら、ママは家でダラダラする時間も少しあってほしいです。でも、それもなかなか叶わない。。出産育児だけでも、かなりの重労働だと思いますが、自分で事業をしていると、育休産休も思うようにとれず、仕事からも離れられないですよね。

 

それでも、なるべく気負いせず、ママたちの負担が少しでもなくなればと、願っています。