デザイナーズBLOG

全ての記事を表示

ママでも断捨離!心も頭もスッキリするミニマリストへの近道

2021.10.07(更新日:2021.10.07)

▶︎記事一覧へ

最近は『ミニマリスト』という言葉が流行り、注目される世の中ですよね。テレビでも、断捨離や片付けのテクニックを教える番組コーナーをよく目にします。

ミニマリストのタレントの家の中を公開しているテレビ番組もよく見ます。

 

そんなミニマリストたちのテレビや動画、SNSの投稿などを見て、「私もこうなりたい!」と憧れる人も多いのではないでしょうか。

 

家族がいると、ミニマリストになれない?

家の中をスッキリさせたいし、捨てたい気持ちはあるけど、子供がいるとなかなか…

という方もたくさんいると思います。

 

「家族がいると、物を最小限にして、家をスッキリさせるのは難しい」と諦めていませんか?

 

・自分の物は捨てられても、子供のものがなかなか捨てられない。

・自分は捨てているけど、家族が物を捨ててくれない。

という人に、もう一度見直して欲しいことがあります。

 

『本当に自分のものは、必要なものだけが残っていますか?』ということです。

 

捨てた気になっているけど、実際はもっと物を厳選できるケースも多いですし、自分のものが本当にスッキリしていれば、意外と家族の物は気にならなくなります。

 

物を捨ててスッキリとしたあなたを家族も羨ましく思い、徐々に影響を受けて、こちらから言わなくても自分から断捨離を始めてくれることもあります。

 

家がスッキリすれば、人生が変わる。

不思議なもので、持ち物を整理し、本当に必要なものだけにすると、身も心も軽くなります。

そして、人生においても、自分の本当に大切なものや目的、やるべき事などが明確になります。

 

かつては、私も「これはこんな時に必要かも」「これはいつか使えるかも」と、全然物を手放せない人間でした。

 

私が変わったきっかけは、近藤麻理恵さんの人生がときめく片づけの魔法を読んでからです。本当に感謝している本です。

物を捨てられなくて悩んでいる人や収納が足りないと悩んでいる人は、ぜひ一回読んでほしい一冊。

 

 

断捨離や片付けは、そこからの人生が一気に変わる方法です。

 

片付けの時間削減&集中力アップ

子供がいる人は特に、片付けに時間がかかったり、片付けてもすぐに散らかってしまってイライラすることも多いのではないでしょうか。

 

でも、そもそも持ち物を少なくすれば、片付けがすぐに終わり、家中がスッキリします。

本当に必要な物を残して、断捨離する方法が最も効率的で、家事の時間を削減できる方法です。

 

また、メンタリストDaigoさんの自分を操る超集中力でも語られていますが、散らかった部屋は他に注意がいってしまうことが多く、集中力の妨げになります。

これは、子供にとっても親にとっても、重要なことではないでしょうか。

 

収納するのではなく、物理的にものを減らそう

断捨離や片付けの話をすると、

「もう少し広い家だったら」

「今の家は収納スペースが足りないから」

という人が結構いますが、物を所有することへの意識を変えなければ、もっと大きい家に住んでも、きっと同じことを言うでしょう。

 

物を多く所有する人は、無意識にその家の大きさの分、物を持とうとします。

物を捨ててこなかった人は、何か物が減ってスペースが空くと、そこにまた何か詰め込もうとする傾向があります。

 

上手に収納して、物を詰め込んでも、本質的な解決には繋がらず、結局物を増える一方です。

 

人は日々買い物をし、勝手に物は増えていきます。その時々によって、必要なものや趣味、流行りも変わっていくからです。

 

収納には無理にものを詰め込まず、空間に余裕を持たせておくぐらいがちょうど良いです。

1つ増えたら1つ減らすぐらいに思うと、良いと思います。本当にいる物だけを厳選しましょう。

 

では、実際に断捨離をするコツをお教えしていきます。

 

断捨離のコツを知ろう

まず、判断基準は、「使えるかどうか」ではなく、『本当に使う機会がくるかどうか』です。

使えるからといって、使わないものをとっておくと、家が使わない物で埋め尽くされていきます。

 

最近はフリマアプリで売ってしまうという方法もあります。

頂き物は特に、これに罪悪感を感じる方もいますが、使わずに永遠と眠っているよりは、本当に必要な人・使う人のところに渡った方が、物としても願うべき道なのではないでしょうか。

 

思い出の品や頂き物

これらはなかなか手放しにくいですが、この先使う可能性が非常に低いです。

写真に収め、「ありがとう」を伝えて手放しましょう。そうすることで、物への感謝の気持ちが芽生えます。

 

「所有しておくこと=物を大事にしている」ではありません。物に感謝して手放すことで、また素敵な物と出会えます。

 

子供のもの

「もし次が生まれたら…」ととっておく事もあると思いますが、泥だらけになったズボンやヨレヨレのTシャツ、ヨダレだらけのおもちゃをとっておく必要はありません。衛生的にも不安です。

 

子供服も今は安い価格で手に入れる事もできる時代です。今あるものは、綺麗なものだけを厳選してとっておきましょう。

 

資源を大事にしていた時代から、空間を大事にする時代へ

戦後の資源がなかなか手に入らない時代を生きてきた方は特に、物を所有することを大事にします。

”物を捨てないことで、物を大切にしている”と考える方も多いです。

 

でも、果たして本当にそうでしょうか?

押入れの奥底で、存在すら忘れられ、眠り続けているぬいぐるみ。

埃が被っている汚れている写真立て。

私は、その方が物に対しての敬意がなくなるように思います。

 

そして、物を所有しすぎる人は決まって、同じものを購入します。

持っているものなのに、その存在を忘れていたり、しまった場所を忘れているからです。

 

持っていることすら記憶になく、なんの罪悪感もなく再び購入してしまうケースもあります。

 

自分に必要なものを、必要な分だけ所有していると、必要なものしか購入しなくなります。本当に購入するべきものなのか、判断ができるようになります。

こちらの方が、よっぽど資源を無駄にしません。

 

人が都心に集まり、日本の家はますます敷地が狭くなってきています。

その分、物を所有する事が大事ではなく、不要な物をなくし、空間を広くすることの方が大事な時代になってきたのではないでしょうか。

 

まずは、ボールペンとショップ袋から捨ててみよう。

捨てられない人のあるある所有物を挙げます。

  • 一生かかっても使いきれないボールペン
  • 可愛いショップ袋
  • もう着ることのない思い出の服
  • クタクタのクリアファイル
  • 何か分からないコード

 

思い当たる節があれば、断捨離のチャンスです。

上記の物は、一家でそれぞれ3点もあれば十分です。

 

いろんな色のでるボールペン、ブランドのボールペン、黒で描きやすいボールペン。。。

「それぞれ違うんだ!」という人は、お気に入りの3本だけ残して、一回全部捨てましょう。

 

どうしても、また複数本必要なときは、コンビニでも100均でもネットでも、すぐに購入できるはずです。

 

一度スッキリと片付けておけば、次に購入するとき「本当に必要なものなのか」と一度自分に問いかけることができます。

 

購入前に判断し、 本当に必要なものだけを手に入れることができる。これが断捨離&ミニマリストの一番の利点だと思います。

 

今すぐにでも、引き出しの中に詰まっているボールペンを捨ててみてください。人生が変わる第一歩になるかもしれません。では、また。